スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
report - event | edit


夢の列車に乗ってきましたよ。
risubacoさんで開催中の企画展vol.2『ホルツヘイムを探して』におじゃましました。


栗鼠箱駅に停車中の、ホルツヘイム行き特別急行リスーナイン号は
発車を待つお客たちで賑わっていました。
どんぐりランプの灯りが壁に照りかえる様子がなんとも旅情をさそいます。







そんな車両にやってきた豆雪。







リ、リスばっかりだ・・・・・これが、幻の・・・
戸惑う豆雪でしたが・・・







まあまあどうぞ。おかけなさいよ。
親切なリスさんが声をかけてくれました。







ほっと一息。向かいは制服を着た学生さんのようです。







座り心地のいい座席で列車にゆられ、いつのまにかうとうと眠ってしまった豆雪でした。
無事にホルツヘイムにたどり着けたかな?





ホルツヘイムの生みの親、1/4骨董店のななつさんの手で作られたリスーナイン号。
圧倒的に作りこまれた世界観に茫然とするかうっとりするしかありませんでした。
リスたちが大事に長く使ってきたのだろう客室は、飴色でつやつやして美しかった。


ワンオフリスさんたちはすでに写真をアップされているサイトさんがあるので
あえて写真を撮らずにじっくり目に焼きつけてきたのですが、もんのすごく可愛かったです!!
いっぱいの愛をこめて作られた子たちの特別の輝き。
作家さんの個性が溢れてて、元が同じリスとは思えないくらい。
リスには無限の可能性があるのですね・・・!


ところで・・・



リスーナイン号の切符、作らせていただいたのがこんなふうに可愛く展示されていてすごく嬉しかったです^^
7種のうち日本2種、アメリカ、イギリス、中国、ベルギー、ホルツヘイム(入場券)という内訳です。
リスサイズなのでとても小さいですが、いろいろネタが詰まってますのでよかったら見てやってください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。